2011年12月15日

永沢仮設住宅に行きました

時間は前後しますが、12月9日(金)午後に、大船渡市にある永沢仮設住宅に行ってきました。


s-1.jpg

※妖艶なボランティア軍団『黒潮レディース』のみなさまと再会(手に持たれているのはトールペイントと共に絶大な人気を誇る「ひまわりバッジ」です)


s-2.jpg

※たすきグッズ・クリスマスバージョンをお届けしました


s-3.jpg

※今回は豚汁によるおもてなしを受けました


と、いった活動を妖艶な『夢ママ』さんがブログで紹介してくださっています。

『3.11希望の灯り』竣工式にも、大船渡から多くのみなさまにご参加いただきました。


・・・ところで、神戸からツッチーさんがお見えにならず、(-_-メ)のよう・・・

こんな大切な現地活動に参加できないとは、なんとも残念な人ですよね、ほんとに。どうやら活動前日の12/7に風邪でダウンしたそうですよ。なので、立て続けに更新したブログは、神戸に帰ってきたメンバーからのお話と写真から想像して書いているそうです。


orz



posted by HANDS at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | たすきプロジェクト

(12/10) 『3.11希望の灯り』竣工式

12月10日(土)、岩手県陸前高田市小友町にあります「気仙大工左官伝承館」にて、『3.11希望の灯り』竣工式を執り行ないました。


s-1.jpg

※良好なお天気のもとで、神戸からの希望の灯りを待ちます


s-2.jpg

※隣りには『3.11希望の灯り』説明のプレートがあります


s-3.jpg

※『3.11希望の灯り』碑銘


s-4.jpg

※2011年12月10日(土)午後、『3.11希望の灯り』竣工式の開始(司会進行:堀内正美)


s-5.jpg

※東日本大震災で亡くなられた方を想い、黙祷をささげます


s-6.jpg

s-7.jpg

s-8.jpg

s-8.5.jpg

※『3.11希望の灯り』発起人会・建立者紹介とご挨拶(上の写真から藤原直美様、佐藤文雄様、小松茂様、遠藤健司様)


s-9.jpg

※陸前高田市長、戸羽太様からのご挨拶(また、式典後にFacebookよりメッセージをいただきましたので後述いたします)


s-10.jpg

※「和太鼓松村組」のみなさまによる『鎮魂』の演奏


s-12.jpg

※そして、希望の灯りをともします(箱根山は風が強いので、大切に運びます)


s-13.jpg

※報道関係者各位には、いつも情報発信を強力にサポートいただき感謝です!


s-14.jpg

※点灯直前っ


s-15.jpg

※希望の灯り、点灯の瞬間


s-16.jpg

※ボックスの設置も終え、無事に神戸と陸前高田が『希望の灯り』で結ばれました


s-11.jpg


※希望の灯り点灯後、『希望』の演奏(7月の「第22陣現地活動」に続き、東日本のみなさまに対する演奏、本当にありがとうございました)


s-17.jpg

※神戸市市民参画推進局の森田課長より神戸市長、矢田立郎様そして兵庫県知事、井戸敏三様からのメッセージを代読いただきました



以上で『3.11希望の灯り』竣工式は閉式となりました。



s-18.jpg

※竣工式終了後、『3.11希望の灯り』建立に携わったメンバーによる記念撮影


s-19.jpg

※和太鼓松村組のみなさま、気仙大工左官伝承館のみなさまとの記念撮影


s-20.jpg

※前述しました森田さんのお母様が描かれた「ひまわり観音」仏画も伝承館に寄贈しておりますので、お越しの際にはご覧いただければと思います



本当に多くのみなさまのご協力をいただき、ありがとうございました。

そして、東日本大震災で被災されたみなさまをこれからも継続して支えていくため、多くの方々に「気仙大工左官伝承館」へお越しいただきますよう、改めてよろしくお願いいたします。


気仙大工左官伝承館』(←地図、住所、連絡先、開館時間など)

※アクセスについて(2011.12.15記載)
 ・お車でお越しの際は、路面の凍結など(冬期)にご注意ください
 ・現在、JR線は運休中です
 ・公共交通機関では『岩手県交通(昼行高速バス:大船渡⇔仙台線)』にて最寄り停留所「サンビレッジ高田」で下車後『タクシー』による移動となります
 ・タクシー連絡先は『高田タクシー:080-4183-5013』、『気仙タクシー:080-2821-0106』です
 ・都度、最新の現地情報をご確認ください


★『3.11希望の灯り』テレビニュース





★陸前高田市長 戸羽太様からいただきましたメッセージ(Facebook原文)

楊艶さんに写真も貼ってもらいましたが、神戸の皆さんや地元の方々の協力により陸前高田市小友町の箱根山に「希望の灯り」を設置していただきました。阪神淡路大震災から17年くらいの歳月が経過しているのですが、つい先日の出来事のようにも感じます。

私は阪神淡路大震災の時、自分が被災地に何をしたか?今思い返してみると少しの募金をしたくらいで他には何もしなかったと思います。それが今自分自身が被災をして、全国の皆さんに心配や応援を頂いている。

情けないやら申し訳ないやら・・・。

きっと神戸の方々は、本当の意味で『被災者に寄り添う』ことの必要性を一番理解していただいているのではないかと思っています。

『希望の灯り』この灯りが本当の意味で陸前高田市の皆さんの新しい『希望』になることを願っています。

堀内さん!皆さん!ありがとうございました!



★たすきプロジェクト、敏腕映像編集担当メンバーからの最速動画




posted by HANDS at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | たすきプロジェクト