2012年02月26日

3月10日、福島県に南相馬にも、『3.11希望の灯り』建立決定!

この『3.11希望の灯り』は、2011年3月11日午後2時46分に発生した、東日本大震災で亡くなられた方々の、「生きた証」として、そして、福島第一原子力発電所の事故で、放射能が飛散し、ふるさとを離れざるを得なかった方々への、「道しるべ」として、いまを生きる方々に、少しでも「希望」をもっていただきたいとの思いから、国内外からのご寄付をもとに、地元のみなさんとボランティアが協力して建立します。


s-02.jpg

s-03.jpg



【協力団体】

南相馬市 /南相馬市社会福祉協議会/南相馬市議会/ 南相馬市国際交流協会/南相馬市教育委員会/ (社)原町観光協会/太田光秋福島県議会議員 / 福島民友新聞社原町支社/高野光二福島県議会議員/ 福島民報社原町支社/原町商工会議所 /朝日新聞社原町通信部/鹿島商工会 /読売新聞社原町通信部/小高商工会/ 毎日新聞社原町通信部/原町商工会議所青年部/ そうま農業協同組合/鹿島商工会青年部 /福島県中小企業家同友会相双地区会/小高商工会青年部 /株式会社ゆめサポート南相馬/原町商工会議所女性会/ 原町青年会議所/原町商店連合会/ 南相馬市小中学校PTA連絡協議会/南相馬市復興事業協同組合 /相双倫理法人会/(社)相馬郡医師会 /原町ロータリークラブ/原町ライオンズクラブ /小高ロータリークラブ/国際ソロプチミスト原町 /南相馬ロータリークラブ



【関連記事】

 『「3.11南相馬希望の灯り」実行委員会が発足しました』 (みなみそうまさいがいFM

 『神戸から南相馬へ「1.17希望の灯り」分灯 来月10日お披露目 避難者の道しるべに』 (毎日jp)


posted by HANDS at 09:56| Comment(1) | TrackBack(0) | たすきプロジェクト