2012年07月29日

HANDS災害モニュメントマップ制作について

「過去に学び、未来を生きる」
参画型災害モニュメントマップ準備開始のお知らせ
【趣旨】
東北大震災から一年が経ちました。
当初は震災に関して「想定外」という言葉が沢山出てきていましたが、
過去にも同様の震災は起こっており、そのことを伝える書物・慰霊碑は数多くあったのにもか関わらず、学ぶことができていませんでした。

二度とこのような過ちをおかさないためにも、そして今回の東北大震災を後世にも伝えていくために、過去の災害情報をまとめ、見やすい形で、誰もが閲覧できるようにする必要性があるのではないか?という結論に至りました。

そこで私たちは「参画型災害モニュメントマップ」を準備することになりました。

@阪神淡路大震災で作られたモニュメントを記録している「阪神淡路大震災モニュメントマップ」
A東北沿岸部「忘れるなー三陸沿岸大津波ー惨禍を語る路傍に石碑」

この二つの情報を基に現時点で認識されているモニュメント情報を「Google map」上に追加し、データーベース化します。
以後は全国各地のみなさんの力を借りながら、認知されていなかったモニュメントであったり、今から作られていくモニュメント情報を追加して蓄積していきます。

悲惨な過去を忘れないために、そしてこれからの未来を生きていく人たちへの一つの道しるべとして、この災害モニュメントマップを展開していきます。





より大きな地図で HANDS災害モニュメントマップ を表示
posted by HANDS at 13:38| Comment(1) | TrackBack(0) | HANDS