2011年03月12日

◆東北地方太平洋沖地震で、被災された方々への支援金の窓口を開設しました。◆

16年前に起きた、阪神淡路大震災の時も、全国・全世界の方々から多くの支援金が送られて来ましたが、
直接被災された方々に手渡されたお金はわずかでした。
そこで私たちの団体、認定特定非営利活動法人「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」(略称HANDS)では、
独自に募金窓口を開設し、現地に入り活動しているボランティア団体・グループを通じて直接被災された方々に、
募金で集めさせていただいた浄財を、全て手渡しております。
この趣旨にご賛同していただける方は、下記の振込口座までお願いいたします。

■郵便振替01120-7-70117
■口座名義「希望の灯り」■メッセージ欄に、『太平洋沖地震』と明記し、被災された方々へのメッセージをお書きください
タグ:震災 募金
posted by HANDS at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
今回の東北地方の震災被害に大変心を痛めております。どの団体に支援金を託せば良いのかと思っていたところ、今朝の新聞で、HANDSさんが支援金を募っていることを知りました。
新聞では様々な団体が支援金の受付をされていたのですが、阪神淡路大震災でご苦労なさった皆様方なら、必ずや支援金を有意義なものにして、今回被災された方の元に届けていただけると信じ、明日にでも振込みをさせていただきます。
Posted by ぴこ at 2011年03月13日 09:05
TASUKIプロジェクト見ました。
ボランティア自体は素晴らしい事ですが、大々的に不特定多数の人からランダムに物資を募って大丈夫なのでしょうか?
服は新品の物しか需要が無く、結局保管の場所に困ると言うニュースが溢れています。
集まった物資の仕分けをされてから被災地に届けられるのでしょうか?
Posted by 神戸人 at 2011年03月17日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43804332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック