2012年01月24日

2012阪神淡路大震災1.17のつどい-3

1月17日未明、僧侶のみなさまが「1.17希望の灯り」の分灯を受け取られました。


s-01.jpg

※福島県いわき市までの約800kmを、歩いて持ち帰られ、3月の法要で燈されるそうです。道すがら、各地からの支援に対する、感謝の気持ちを伝えられるとのことです。



1月17日午前5時52分、「しあわせ運べるように」独唱。


s-02.jpg

※歌詞に出てくる「神戸」は、新潟県中越地震では「小千谷(おぢや)」に、中国・四川大地震では「四川」に、そして東日本大震災では「ふるさと」に変えて歌われています。今回の式典では1番の歌詞では「神戸」、2番の歌詞では「ふるさと」として歌われていました。





※森祐理さんのサイトより(ここでは日本と歌われています)



1月17日午後、今回のライブ中継で使用した機材


s-03.jpg

※おつかれさまでした(^−^)



1月17日夕刻、慰霊と復興のモニュメントと、その地下にある瞑想空間


s-04.jpg

s-05.jpg

※最も幻想的な一日となります



1月18日午前、「1.17のつどい」後片付け


s-06.jpg

※2012年1月18日、午前10時45分、東遊園地より撮影


posted by HANDS at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 117のつどい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53288777
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック