2012年01月24日

2012阪神淡路大震災1.17のつどい-3

1月17日未明、僧侶のみなさまが「1.17希望の灯り」の分灯を受け取られました。


s-01.jpg

※福島県いわき市までの約800kmを、歩いて持ち帰られ、3月の法要で燈されるそうです。道すがら、各地からの支援に対する、感謝の気持ちを伝えられるとのことです。



1月17日午前5時52分、「しあわせ運べるように」独唱。


s-02.jpg

※歌詞に出てくる「神戸」は、新潟県中越地震では「小千谷(おぢや)」に、中国・四川大地震では「四川」に、そして東日本大震災では「ふるさと」に変えて歌われています。今回の式典では1番の歌詞では「神戸」、2番の歌詞では「ふるさと」として歌われていました。





※森祐理さんのサイトより(ここでは日本と歌われています)



1月17日午後、今回のライブ中継で使用した機材


s-03.jpg

※おつかれさまでした(^−^)



1月17日夕刻、慰霊と復興のモニュメントと、その地下にある瞑想空間


s-04.jpg

s-05.jpg

※最も幻想的な一日となります



1月18日午前、「1.17のつどい」後片付け


s-06.jpg

※2012年1月18日、午前10時45分、東遊園地より撮影


posted by HANDS at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 117のつどい

2012年01月19日

2012阪神淡路大震災1.17のつどい-2

2012年1月17日、午前5時46分、黙祷。


s-01.jpg

※会場の照明が消灯され、午前5時46分の時報とともに黙祷がささげられました


s-20.jpg

※黙祷から5分後、慰霊と復興のモニュメントにて、「神戸市震災17年追悼の集い」、献花式がはじまります


s-30.jpg

※1月17日の朝、寒さも和らぎ、前日に続く快晴で、東遊園地には絶え間なく、祈りを捧げる方々が訪れます


s-60.jpg

※慰霊と復興のモニュメント水面には、一輪の白い花が献花されます


s-90.jpg

※神戸に灯り続ける『1.17希望の灯り』


s-100.jpg

※今年は東日本大震災に向けての追悼も、東遊園地にて行なわれました(午後2時46分に、3.11竹燈籠前にて、黙祷がささげられました)


s-110.jpg

※岩手県宮古市田老町より、おあずかりした『夢灯り』は、東遊園地に来られたみなさまも、その美しさに見入っておられました



無数の竹燈籠に燈された『1.17希望の灯り』は、震災で学んだ、支え合いの大切さを、後世に伝えようと、被災した10市10町と、47都道府県から運ばれた、種火を一つにして、点灯されました。


私達は、今年、USTREAMにて「1.17のつどい」をライブ中継しました。それは支え合うことの大切さを、神戸から、東北、日本、世界のみなさまに伝えられれば、・・・その一念からでした。


posted by HANDS at 23:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 117のつどい

2012年01月17日

2012阪神淡路大震災1.17のつどい

おはようございます。神戸市東遊園地内、交流テントから発信しています。午前4時より竹燈籠にろうそくを浮かべているところです。

前日の16日からの様子です↓


s-DSC_0012.jpg

※『1.17』の文字は約7,000本の竹燈籠で描かれています


s-DSC_0017.jpg

※神港学園高校野球部のみなさまをはじめ、多くのボランティアのみなさまの手によって配置されます


s-DSC_0025.jpg

※交流テント内にはHANDS(たすきプロジェクト)での、東日本大震災支援活動の模様をパネル展示しています


s-DSC_0030.jpg

※神戸市役所24F展望階より


s-DSC_0037.jpg

※交流テント内にて映写を行ない、東日本支援活動の動画の他、USTREAMを流して、神戸テント内から神戸テント内を眺めたりしています(^o^)


s-DSC_0044.jpg

※雪地蔵設置の様子


s-DSC_0049.jpg

※東日本から、神戸へお越しいただきましたみなさまとの共同会見の模様(東日本大震災発生時の状況、全世界からの支援に対する感謝の思いを語っていただきました)



引き続き、USTREAMにてライブ映像を配信しています。

これより、希望の灯りを分灯し、竹燈籠への点灯後、午前5時46分に黙祷を行ないます。


posted by HANDS at 05:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 117のつどい

2012年01月16日

「阪神淡路大震災1.17のつどい」の開催

@1995年1月17日午前5時46分。阪神淡路大震災が発生し、私たちの大切なものを数多く奪っていきました。あの震災から、まもなく17年を迎えようとしております。震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、震災から生まれた「きずな・支えあう心」を次世代へ語り継いでいくため、「阪神淡路大震災1.17のつどい」を、平成24年1月17日(火)に東遊園地で行います。 この「つどい」は、企画から実施まで、ご遺族、市民のみなさんと市が連携して行っているものです。

詳しくは→「神戸市 阪神淡路大震災1.17のつどい



A同開催会場にあります交流テント(8つのテントが合体した大きなテントです)内にて、たすきプロジェクト活動経過のパネル展示を実施いたします。

表紙.jpg

ぜひ、みなさま、交流テントにお越しください。



B陸前高田市に建立されました『3.11希望の灯り』でも、神戸の追悼セレモニーに合わせ黙祷を捧げる呼びかけがなされています。

詳しくは→「陸前高田でも黙祷を捧げよう

非常に寒い中での活動となりますが、ご参加いただければと思います。



C「阪神淡路大震災1.17のつどい」のライブ中継についてのお知らせ
‎1月16日(月)23時頃より「阪神淡路大震災1.17のつどい」の様子を生中継します!! ( http://ustre.am/nIvY で配信中) 


※2012/01/20追記 (録画情報)
@午前5時46分 『 黙祷 』 ←録画時間06:25〜 
A『 神戸震災17年 追悼の集い 』 ←録画時間02:05〜 (「しあわせ運べるように」独唱など)





またパソコンだけではなく、iPhoneやAndroidといったスマートフォンからでも視聴可能です。アプリストアーで「Ustream」のアプリをダウンロードの上、検索で「1.17のつどい」と入れてもらえれば見つけられます。


 今までとは少し違った試みになりますので、当日は至らない点もあるかと思いますが、ご了承の上、皆さんも一緒に1.17のつどいにご参加頂けたらと思います。

posted by HANDS at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 117のつどい

2012年01月11日

たすきフレンズのみなさまからの情報発信

たすきプロジェクトの活動を通じて、お友達になった方々からの情報発信をお知らせします。

@『こうしえん おへやレンタル まんまるみかん』さん

 2012.01.06「【お客さんへ】フリマにいらしてくださーい☆彡

 1月29日(日)10:00〜16:00に開催されるフリーマーケットで、たすきバッグを受け付けて下さいます。ブログ内で、丁寧に私達の活動をご紹介して下さっています。リンクも多数あって面白いですよ(^o^)

 みなさま、お時間がありましたら、是非、フリーマーケットにお越しください。


 そして、主催者の『ななもも』さん、たすきプロジェクトのご支援ありがとうございます。

 「たすき募金」(←東北支援への募金は、こちらからが便利ですよ\(^o^)/)


A『夢ママ』さん

 2012.01.08「TASUKIプロジェクト・・・”京のおせち”

 2012.01.10「ユニバーサル スタジオ ジャパン

 いつも大船渡からの情報発信、ありがとうございます。私達のブログにコメントを下さった方と同様に、現地でおせちを受け取っていただいた方からの発信は、おせちをご購入いただいたみなさまにとっても、とても嬉しいメッセージだと思います。

 そして、確かにみなさんが口を揃えて「夢ママさんには気をつけるように」と言われます。・・・いや、「黒潮レディースのみなさまには気をつけるように、と・・・」。永沢仮設には日々、現地支援の方々が吸い込まれていっているそうな・・・((((;゚Д゚))))アワワ

 USJのブログでは「2012 Yko Diary」がデタ〜ッ!「めぐろのY子より」さんのブログにもあるように、発売直後に売り切れてしまう大人気ぶりの中、たすきバッグ用に10冊購入した(・・・してしまった)ことに、ちょっとの申し訳なさも感じていたのですが・・・。こうして、東北で実際に使っていただけていることが分かって、お届けできて良かったと改めて思いました(もちろん筆者も使っております!)。

 また、筆者は大阪に住んでおりますので、「ようこそ、大阪へ!」という感じです。大切なことだと思います、現地のみなさまが旅行などで違った地域の空気を吸うことは。再生への道程は短くはないので、一度と言わず定期的に、気分転換やリラックスをしていただければと思います。


たすきフレンズのみなさま、今年もよろしくお願いいたします。


※「たすきフレンズ」という言葉を使ってみました。いかかでしょうか?一つ言えることは、「たすき○○」という言葉はとても作りやすいです!日本語の冠名は三文字が良いですね(^o^)


 
posted by HANDS at 02:25| Comment(1) | TrackBack(0) | たすきプロジェクト